ホーム>スタッフブログ>アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダ 春の季節

インドの継承医学「アーユルヴェーダ」では、世の中の万物の性質【ドーシャ】を大きく3つに分類します。

「ヴァータ(VATA)」 (風・空)
「ピッタ(PITTA)」(火・水)
「カパ(KAPPHA)」(地・水)

アーユルヴェーダ的 季節のドーシャを考えると、

春は本来「カパ(KAPPHA)」(地・水)の季節ですが、冬からの「ヴァータ(VATA)」 (風・空) が影響して、ヴァータも増えやすい時期でもあります。

天候も晴れたり、雨がふったり、風が強かったり、コロコロ変わり、朝晩、気温の変化も大きいです。

ヴァータの要素は、空と風なので特徴は、動速、乾燥、不規則、冷 等。

ライフスタイルでは、

保温して潤すことをお勧め。温かい食事や乾燥しやすいので油も取る。湯船でゆっくり温める。特に脊柱(背骨周り)が硬くなるので温める。

規則正しい生活をする、動き回ると体力が消耗しやすいので、休息をとる。

特に、もともとヴァータ体質の人はヨガをしたり、深呼吸をしてゆったりとした気持ちで毎日を過ごしましょう。

 

排便によるドーシャ診断

便の状態でも今のドーシャが分かるので、排便時にチェックする。

ピッタ:下痢も起こしやすく、悪臭の便。

ヴァータ:便秘、コロコロ、軽い便。

カパ:ねっとりと重たい便。

 

この時期、意外と便秘がちが人が多いですよね。自律神経の乱れなども影響するかもしれません。

運動、腸内環境を整えること、水分+しっかり食事をとることで便秘が解消されます。

 

薄着になる季節なので、身体の中からデトックスして軽やかに過ごしましょう。

2016410151445.jpg

 

 

 

 

 


 

 

カパの季節

201542203218.jpg

冬のヴァータの季節から、春になりドーシャは、「カパ」に移り変わります。
特に3月中から6月位まで。


「カパ」の季節の影響により、体質にカパが多い人は、カパが増えやすいので、バランスを整えましょう。



カパの人の心身の特徴は、どっしりとした安定感や重さ、おっとり、ゆっくり滑らか等。
体力もあり忍耐強いです。肌は、透明感・しっとり感があり、髪も強く、しっかりと太いので艶やかです。



しかし、バランスが崩れると、こだわりが強くなったりします。思考が鈍くなり、大雑把になることもあり。
また眠ることが好きで、動きが鈍くなるので、肥満になりがちです。 



過ごし方としては、カパが増える時間帯は、朝6時~10時なので、カパの時間になる前の朝6時前に起きて活動すると1日だるさを感じず、精力的に行動できます。

ランチの後 眠くなる人が多いのですが、
昼寝はなるべく健康な人はしない方がよく(高齢者・妊婦さんを除く)、15分程度の仮眠ならOK。



食べ物は、カパの体質の反対のものが良いです。
あっさりしたもの。乾いたもの。辛いもの。苦いものがお勧め。

どうしてもだるくなって、動きが鈍くなる人は、音楽などもおすすめ。
やや速いテンポのリズミカルなものを聞くと良いです。気分の停滞を防ぎます。



運動不足や肥満が気になる方は、ややテンポの早いヨガがバランスを整えてくれます。

リチュお勧めクラスは、ハタフローヨガ 陰陽ヨガ コアビューティ 姿勢改善ヨガ など。



温かい季節なので身体を動かして、デトックス。心身ともに スッキリと過ごしましょう。







 

アーユルヴェーダについて

201533019535.jpg

アーユルヴェーダとは、5000年前のインドで生まれた医学のことです。私達の身近では、デトックス(毒だし)やアンチエイジングなども、元はアーユルヴェーダから伝わったものです。

アーユルヴェーダでは、個人の生まれ持った本質と個人に影響を与える様々な要因を調べ、法則にしたがって生活を送ることで、健康長寿を目指します。

なので、より個人的な、それぞれの体質(タイプ)に合った健康法と言えます。


5大要素とドーシャについて


アーユルヴェーダでは、すべてのものは地・水・火・風・空の5つの自然エネルギーが働いていると考えます。

さらに5つの要素の組み合わせで、

ヴァータ(風・空)

ピッタ(火・水)

カパ(地・水)

の3つの性質に分けます。これらの法則を使い、心身共のバランスの良い状態を目指していきます。

 

私達は本来、それぞれの要素を持っていて、またそれぞれ割合が異なります。

3つの性質のコップを持っていて、それぞれに注いである水の量が違うというイメージです。



何か不調が出てきた場合、その割合に変化が生じ、アンバランスを引き起こしています。
不調が悪化する前に原因を知り、増えすぎないような工夫を生活に取り入れる必要があります。

 

ヨガとアーユルヴェーダの相乗効果

ヨガとアーユルヴェーダの起源はほぼ同時期で、ヨガは精神(心)の学問、アーユルヴェーダは、肉体の学問を説いたものです。
それぞれの古書の中にもヨガとアーユルヴェーダを相互に活かすことが記されています。

アーユルヴェーダでは、肉体が健康であるために不調の要因、即ちアンバランスにしているものを探します。
その際、自分自身を知らなければ見つけられません。そこでヨガを行なうことで自分の内面を見つめ、体と対話することで不調を引き起こしている原因に気付けます。


忙しい毎日や、多くの情報に振り回されやすくなっている現代人は、本能が失われつつあると言われます。その為、不調に気付けないまま時が経ち、病気になってしまうことも。

そうならないためにも、自分の体のことを知っておくことが大切です。

それぞれの性質(ヴァータ・ピッタ・カパ)は、季節や時間などにも影響されます。

 

次回は春の性質について、ご紹介します。






 

ヴァータの季節

201529211439.jpg

 

身体は植物と同じように、春夏は何もしなくてもみずみずしさを保てるのに、
秋冬は、冷たい風に耐えて乾燥から身を守ろうとします。

アーユルヴェーダでは、冬はヴァータの季節


特徴は、冷たい、風が強い、乾燥、早い、散らす 自由 等。

これらの影響を受けやすく、もともとヴァータ体質の人は、ヴァータが増えやすくなり、バランスが乱れます。

ヴァータの時期は、冷えやすく血行不良になりやすいので、身体を温めることが大切です。
乾燥しやすいので、お肌の保湿もすること。
心的には、落ち着きもなくなるので、意識的にゆっくり過ごす、忘れやすいことはメモしておく等。
 

ヴァータを減らす食事は、温かいもの・油性のもの・甘いもの・酸っぱいものを進んで摂るとGood。
もともと、冬は消化力が良いので、少々こってりとしたものでも内臓が頑張ってくれます。

 

朝の白湯や、14:00~16:00の甘いもの、夜はみんなで鍋を囲むのも良いですね。


お風呂は、首の後ろまで湯船に浸かり、ゆっくりと神経を休ませます。

眠りにつけない人は、お風呂の電気を消して、脱衣所の電気だけつけて少し暗くして入るとリラックスできます。おすすめです。


201529211521.jpg

 

今日は特別に寒―い一日でしたね。

でも
今夜も変わらずに沢山のお客様に、感謝です。

 

フロントEri